FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

▽日記 パク・ヨンハ(1977-2010)▽パク・ヨンハさん自殺、関係者「車を売りに出すほど資金繰りに困窮…」だと

今日の目についた話題はこれ
パク・ヨンハ(1977-2010)パク・ヨンハさん自殺、関係者「車を売りに出すほど資金繰りに困窮…」 6月30日に自宅で死亡したまま発見された、韓国タレントのパク・ヨンハさん(33)の自殺原因について、韓国の警察当局は同日午後、「ストレスによる衝動的な自殺」と断定した。韓国では自殺の原因についてさまざまな憶測が流れており、突然訪れた韓流スターの死に波紋は続いている。



 韓国メディアによると、パク・ヨンハさんの自殺については、金銭問題、家庭問題、健康問題といった問題が複合的に絡んで起きたと推測されているが、ヨンハさんの側近が「芸能事務所を辞めた後、経営難に陥っていた」と証言したことから、経営問題が大きな要因になったのではないかとみられている。



 ヨンハさんは2008年始めに所属していた芸能事務所から独立し、自身の父親が代表を務める芸能マネージメント会社を設立。韓流スターであることを生かし、日本人観光客を対象にした飲食店事業の計画を進めていたところだった。しかし、ある関係者によると「マネージャーが金銭問題を起こすなど、個人事務所は順調ではなかった」とし、「数年前には父親が間違えて借金の保証人になってしまい、そのお金を返すのに苦労していた」と金銭問題に悩んでいたことを明かしている。



 自殺する数週間前には、自身が乗っていた車の販売を知人に依頼するなど、資金繰りは明らかに悪化していたとされ、自殺する2~3日前には周囲に「仕事も大変で、この生活にも疲れた」とこぼしていたという。



 ヨンハさんの公式ツイッター画面では「人びとは時々、私もよく分からない私にとてもやすやすと話をする」といった文字が綴られた画像が使われており、韓国のネット上ではヨンハさんの複雑な心境を表しているのではないかと推測されている。(編集担当:新川悠)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000041-scn-ent
[ 2010/07/02 19:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【実際のところ!!西野朗【西野監督「岡田よ監督続けろ」…G大阪 NEW!!

まとめました。ニュース!
西野朗西野監督「岡田よ監督続けろ」…G大阪 岡田、監督を続けろ! G大阪の西野朗監督(55)が1日、監督業から引退する意向を示している岡田監督に“続投”を訴えた。「会ったら『やれ!』って言うだろうし、やると思う」と早大の2学年後輩を翻意させて、Jクラブなどの指揮を執るように勧めるつもりだ。



 日本代表指揮官は敗退後、「(監督を)おそらくやることはない」と監督業から身を引く意向を示した。英サッカー専門誌「ワールドサッカーW杯特別号」のインタビューでも「サッカーを離れようと思っている。農家をしたい。晴耕雨読のような生活を送りたい」と悠々自適のセカンドライフを希望している。



 日本サッカーをさらに発展させるためには、国外の大会で史上初めて16強に導いた手腕を生かすべきだと西野監督は考えている。「慰労会はどっかでね」とニヤリ。先輩の“命令”に、岡田監督は従うのか?



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000408-sph-socc
[ 2010/07/02 10:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

○私日記 杉本彩○杉本彩「別れた男と復活するなんてよほど乾いてる」西川史子は結婚生活のストレスを告白! 問題

なんともコメントしようがありません。
杉本彩杉本彩「別れた男と復活するなんてよほど乾いてる」西川史子は結婚生活のストレスを告白! 女優・杉本彩と女医タレントの西川史子が1日、都内にて、DVD&ブルーレイ『恋するベーカリー ~別れた夫と恋愛する場合~』の女子限定特別試写会に登場し、西川が結婚生活に対する本音を告白した。



映画『恋するベーカリー』場面写真



 本作は、ベーカリーを経営する自立した女性が、10年前に別れた夫に胸をときめかせてしまう様子をコミカルに描いている作品。この日は大人の恋を描く本作にちなんで、恋愛経験豊富な杉本と西川の二人がワインを飲みながら恋愛トークを繰り広げた。とはいっても、現在西川は新婚で幸せいっぱい。杉本は離婚経験を経てシングルライフを謳歌(おうか)している状態。西川が、「わたしは(映画のように)今の夫と絶対別れませんよ!」と言ったかと思えば、杉本は「別れた男と復活するなんてありえない! もしそうなるとしたら、よほど乾いてる状態のときね(笑)」とそれぞれ別の立場からコメント。



 トーク中は、「夫に夢中」とのろける西川だったが、「結婚生活を維持するための努力に、ストレスを感じるときはありますね。結婚してから浮気をしちゃいけない、という考えにもとらわれていて……」と思わず本音を吐露すると、杉本がすかさず「モラルにがんじがらめになっているわね。周りの目を気にしないことですよ!」とキッパリ。そしてさらに「結婚生活を維持するためには、相手に『あなただけよ』という状態にならないことが大事。わたしは夢中になって尽くし過ぎてうまくいかなかった。ゆとりがないとうまくいかないのよ」と自身の経験をふまえて持論を語る一幕もあった。



 そして最後に杉本は「いくつになっても女は女。常に喜びを求めていくことが幸せにつながる。ポジティブに生きていくことの素晴らしさをこの映画から学んで」と語り、西川は「恋愛は女性にとって生活が楽しくなるし、潤いになることをこの映画から感じました」と集まった女性観客にアピールして締めくくった。



 『恋するベーカリー ~別れた夫と恋愛する場合~』は、10年前に夫と別れ、3人の子どもを立派に育て上げた人気ベーカリー経営者の女性(メリル・ストリープ)が、女として、母親として身の振り方に迷いながら前向きに生きようとする様を描くハートウォーミング・ストーリー。



 『恋するベーカリー ~別れた夫と恋愛する場合~』DVD(税込み:3,990円)とブルーレイ(税込み:4,935円)は7月2日からジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントより発売、レンタルも同時リリース



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000022-flix-movi
[ 2010/07/02 06:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

 ランキング?中村俊輔 俊輔 大粒の涙…代表引退へ「もういいよ」だって

噂どおりでした。
中村俊輔俊輔 大粒の涙…代表引退へ「もういいよ」 【W杯南アフリカ大会・日本】MF中村俊輔(32=横浜)が今大会を最後に日本代表から引退することを示唆した。



 試合後、今後の代表活動について聞かれると表情が一変し、目には大粒の涙。「もういいよ」。10番を背負い、長きにわたって日本をけん引してきたが、一つの時代が終わりを告げた瞬間だった。



 「今回が最後のW杯になる」。強い覚悟で自身2度目のW杯に臨んだが大会前に左足首のケガが再発。先発の座を奪われた。出場は19日の1次リーグ・オランダ戦の28分のみ。「選手としてピッチで何一つ示せなかった。つらいし悔しい」と振り返り、「サッカー人生で一番つらい試練?もしかしたら(マリノスユースに上がれなかった)中学以上かもしれない。02年日韓大会での落選なんかかすり傷だよ」と話した。



 それでも、大会期間中は文句一つ言わずチームを陰で支えた。日本代表の躍進も、率先して水を運んだりした中村や川口らベテランの存在があったから。これまでも幾多の試練を乗り越えた男は「だからここで一回(悪い流れを)切って、あとはマリノスでいいプレーというか、貢献することだけを考える」と前向きに話した。今後はJのピッチで輝きを取り戻すつもりだ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000026-spn-socc
[ 2010/07/01 10:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

☆《画像》!!サッカー☆ラストゲーム…長かった4年間更新!

ユーチューブを見てました。ニコニコ動画も面白いですね。
サッカーラストゲーム…長かった4年間 【日本代表インサイドレポート】

 4年前のW杯ラストゲームは大きな失望感と共に終った。正直に言えば、その数週間前の大会初戦の逆転負けで、ジーコジャパンの終結を思った。もちろん初戦に敗れても可能性は残っていた。けれど、練習時間のすべてをシュート練習に費やすチームの雰囲気は日々悪化しているように感じたし、気持ちのどこかで、南アフリカ大会のことを考えてもいた。

 しかし、ドイツ大会終了後に始動したオシムジャパンには、ドイツを戦って選手のほとんどが外れていた。海外でプレーする選手だけでなく、20代後半の働き盛りの選手たちもいない。ドイツでの空しさを晴らす場所もなく、彼らは“古井戸”と言われて退けられた。

 3連覇が懸かっていた2007年のアジアカップは3位決定戦で韓国に敗れ、若い代表選手たちの成長を感じることもなく終った。しかし、その年秋のオーストリア遠征で、スイスを相手に逆転勝ち。後半相手がメンバーを落としてきたのも事実だが、欧州組も融合され、「日本人らしい組織的かつ攻撃的なサッカー」で、世界に近づけそうな予感は十分にあった。

 そして11月、オシムが病に倒れて、岡田監督が就任する。2008年アジア3次予選を突破し、2009年W杯出場権を獲得する。その年の秋、オランダと対戦。前から守備をしかけ、相手を封じ込めるというサッカーで善戦。しかし、終盤に失速し、大敗を喫した。それでも岡田監督は「W杯ベスト4」という目標を変えなかった。

 それでも監督は「日本のサッカーの可能性を感じた」と大きな手ごたえを得ていたようだった。

 2010年2月の東アジア選手権でホームながら3位という結果に敗れた。3月の試合には勝ったが、4月、5月と親善試合に負けた。

 特に5月の韓国戦では、圧倒的なレベルの差を突きつけられた。彼らは欧州のチームにも引けを取らないフットボールで日本を砕いた。

 この試合後、岡田監督は進退伺いをにおわせる発言をした。W杯直前、チームはどうなってしまうのだろうかと、無責任な監督の行動に怒りを覚えた。しかも、翌日には「冗談だった」という始末。公式会見で冗談を言える立場ではなかっただろうに。

 その後、高地対策としてスイスで合宿。4-2-3-1という過去の布陣を捨てて、DFラインの前に阿部を置く3ボランチを実施。守備ブロックの位置を自陣に下げたことにより、ゴールを狙うやり方にも変化が必要になった。スイス合宿序盤、選手たちだけでミーティングを開いた。「自分たちは強いわけじゃない」と闘莉王が熱弁を振るう。「戦う気持ちが足りない。球際で相手に勝つには気持ちが大事だ」と松井をはじめ、欧州でプレーした経験を持つ選手が渇を入れる。

 続く、イングランド戦、コートジボワール戦にも敗れ、親善試合4連敗。危機感が高まる。

「みんなの中でもベスト4というのがずっとあったけど、コートジボワールとイングランドに負けて、このままじゃいけないというのが出たんじゃないですかね。それを言葉に発しただけでもみんながそういうことを思っていたんだという一体感が出たと思う」と話す岡崎は、長い間勤めてきた1トップでの先発の座を奪われ、アウトサイドのサブに回った。

 負傷で出遅れた中村俊輔、内田篤人にも先発の椅子は残されておらず、不動のGKだった楢崎も控えとなった。

「4-4-2のままで僕たちがボールを持つというサッカーをしていたら、どうなっていたかはわからない。ただああいう時期に、守りを固めるために阿部ちゃんを1枚入れて、守りから速攻という形に変えたことで、逆に大会前に刺激があって、みんなが引き締まったこともあると思う。いろんな面でいい方向に転がったと」と俊輔。

 W杯メンバーは攻撃陣の数が多いにも関わらず、守備的布陣へ変更したことで、攻撃的な選手の出場チャンスは自然と少なくなる。しかも、出場できた選手とて、自分のプレーよりも守備に追われ、ストレスも小さくはなかったはずだ。

「それまでの結果が4連敗だし、やっぱり、なりふりかまっていられないというのは、選手自分たちが作った結果だった。そこで、方向転換するのは、必然というか、まあ、岡田監督の判断だし、選手はそれを遂行するしかない。カメルーン戦が、そこにあってくれたから、そこへ向かってみんなでまとまれた。その試合で勝ち点3が獲れたし、みんなが盛り上がらない理由はない。本当にシンプルに意志統一ができている」と憲剛。

「戦い方が変わってもやることは決まっていますから、動揺はなかった。うまい選手もたくさんいますけど、守備だけやっていても、文句をいう選手がいない。それだけみんなチームが勝つたc宴塔Lング!!パク・ヨンハ(1977-2010)「韓流スター」パク・ヨンハさん自殺、日本にも衝撃★追記
[ 2010/07/01 02:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。