FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【今日 岡本真夜【岡本真夜、中国で人気爆発!一方、盗作作曲家には非難殺到 続報

もしかして、あの方?
岡本真夜岡本真夜、中国で人気爆発!一方、盗作作曲家には非難殺到 5月1日に開幕する中国・上海万博の“PRソング”がシンガー・ソングライター、岡本真夜(36)のヒット曲「そのままの君でいて」の盗作とされる疑惑をめぐり、中国で岡本の好感度が上昇していることが20日、分かった。岡本が万博事務局の依頼で同曲の使用を快諾したことで、中国のインターネット上に絶賛の書き込みが殺到。一方、PRソング作曲者には「死刑にしろ」など非難の声が集まっている。



 インターネットから波及した上海万博の“PRソング盗作疑惑”。騒動は思いもかけぬ展開を見せている。



 PRソングを作曲した繆森氏が「そのまま-」を盗作したとの疑惑について、岡本の所属事務所は19日、万博実行委員会から電子メールを通じて楽曲の使用申請があったことを説明。その上で、使用を許可する本人の署名入りコメントを発表した。



 「世界中が注目するイベントである上海万博に協力させて頂ける機会を頂き、とても素敵なお話で光栄です」。その柔軟な対応は、すぐに中国全土に広がった。



 中国で疑惑がほとんど報道されていないものの、現地のネット上には岡本を称賛する書き込みが殺到。「気前がいい人。私なら曲の使用を認めない」「中国に来て万博PRソングを歌ってほしい」と評価している。



 もともと、岡本の楽曲は中国でもなじみ深かった。日本で1995年に発売され、200万枚以上の売り上げを記録したデビュー曲「TOMORROW」を、台湾人歌手の呉佩慈(ウー・ペイジ)がカバー。同曲は中国でもヒットしており、今回の問題を機に再度、関心が高まりつつある。



 一方、繆氏に対しては非難の声が強まるばかりだ。国のメンツをかけたイベントだけに、同じくネット上に「13億人の中国人の恥。厳罰に処すべきだ」「市中を引き回して死刑にすればいい」など過激な書き込みが踊り、「早く公の場で謝罪したほうがいい」と反省を促す意見も。さらに過去に繆氏が手掛けた中国人歌手の曲のメロディーについて「韓国人歌手の曲とそっくり」と新たな疑惑まで浮上した。



 繆氏の所属事務所は「事務所はこの問題と無関係。本人の問題だ」と突き放している。2次、3次の“被害”が確認されれば、騒動はアジアに広がりそうだ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00000509-sanspo-ent
[ 2010/04/22 06:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。