FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

●私日記 中田翔●中田2軍落ちダブルショック、もうひとつの理由とはだってよ!

まじですか
中田翔中田2軍落ちダブルショック、もうひとつの理由とは 今年もアンハッピー・バースデー…。



 プロ3年目の正直で開幕1軍入りした日本ハム・中田翔内野手(20)だったが、18日の西武戦(西武ドーム)終了後に2軍落ちが決定。その夜、千葉・鎌ヶ谷の2軍施設に再び帰ることになった。明けて19日から2軍の練習に合流。現役時代にチーム生え抜きの看板打者だった田中幸雄2軍打撃コーチから打撃指導を受けた。



 田中コーチは「今のチーム状況(1軍は借金10で最下位)で、中田を我慢して使えるかといったらムリ。長いこと見ていなかったんで、悪いクセを直したりするいい機会だと思う」と、背番号「6」の後継者でもある中田が2軍にいる間に、英才教育を施す考えだ。



 中田も「打撃を一からやり直す。また幸雄さんに見てもらいながら、居心地のいいフォームを探していって、上で勝負したい」と決意を新たにしているが、昨日の今日で気持ちの整理をつけるのは簡単ではない。



 「悔しい気持ちしかない。2軍の雰囲気は見ての通り(1軍と)違う。気持ちの持ちようだとは思うが、すぐには切り替えられない」。そう話す表情には、落胆の色がありあり。「ここまで来て、大阪に行く1日前に…」。2軍行きを宣告されるタイミングが、中田にとっては残酷だった。



 1軍は19日、大阪に移動し、きょう20日からオリックスと3連戦を行う。広島市生まれの中田にとって、大阪は大阪桐蔭高時代に暮らした第2の故郷。しかも遠征中の22日は自身の21回目の誕生日なのだ。凱旋して知人らにいいところを見せ、誕生日を祝ってもらうはずが…。直前になっておじゃんになり、ショックもひとしおだ。



 中田は昨年の20回目の誕生日も2軍で宮城遠征中に迎え、「20歳になったと同時に1軍に上がりたかった」とうつむいていた。来年こそ1軍で、心からの「ハッピー・バースデー」を迎えたい。(笹森倫)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100420-00000004-ykf-spo
[ 2010/04/20 21:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。