FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

@独り言!!木村拓也(1972-2010)@巨人・木村拓コーチ告別式…野球愛忘れないって?

ちょっと前もニュースになってましたが。
木村拓也(1972-2010)巨人・木村拓コーチ告別式…野球愛忘れない 7日にくも膜下出血のため死去した巨人の木村拓也1軍内野守備走塁コーチ(享年37)の告別式が10日、広島市西区の平安祭典広島会館でしめやかに営まれた。



 告別式にはプロ野球関係者や友人、知人ら約2500人が参列。会場に入りきれない約500人のファンは会場横の土手に3重、4重になって手を合わせた。



 巨人を代表して滝鼻卓雄オーナーが弔辞を読み「君は病に倒れ、絶望的な中でも強靭(きょうじん)な体力で懸命に生きようとした。もし巨人がしくじったら、いつものように笑い声を響かせてください」と故人をしのんだ。中日戦のために参列できなかった原監督は、弔電で「日本一達成を墓前に報告する所存です」と誓いを立てた。



 喪主の夫人、由美子さんは「夫は家族のヒーローでした。いつも遠く離れた私たちを気にかける家族思いの優しい人でした。今でも宝物の3人の子供たちのことを心配していると思います」とあいさつした。



 会場には弔電が約560通届き、球団公式ホームページには2万3000件を超える追悼のメッセージが寄せられた。棺には家族の手によって家族の写真、子供たちからの手紙、コーヒー、たばこ、子供たちが作った紙粘土の灰皿、ゴルフ雑誌、スポーツ新聞、ひげそり、ゴルフシューズが納められ、遺体の上には練習用ジャージーがおかれた。法名は「唯信」。家族によると「苦しみをあなたにお任せしたい」という意味が込められているという。



 熱く、そして激しく命の炎を燃やした37年の人生。その雄姿と笑顔を野球ファンは永遠に忘れない。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000003-sanspo-base
[ 2010/04/11 13:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。