FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ランキング 尾花高夫 これって、尾花ショック? 巨人の投手陣が崩壊状態に更新!

結構気になってます。
尾花高夫これって、尾花ショック? 巨人の投手陣が崩壊状態に これって、尾花ショック!? 巨人投手陣が崩壊状態。ペナントレースに暗雲が漂い始めた。



 9日、宿敵・落合中日との今季初対戦に先発したゴンザレスは9安打を浴び、まさかの4回1/3、5失点KO。昨年は15勝2敗とひとりで“貯金13”を稼ぎ優勝の原動力となった男が、今季は3試合に登板し1勝2敗、防御率8.31は規定投球回を突破しているセ・リーグ18投手中最下位。失点16と自責点16もリーグワーストの惨状(成績は9日現在、以下同)だ。「何で悪いのか、1球ごとに考えてしまった」と首をひねるばかり。



 他球団から「去年に比べると太り過ぎに見える。調整不足ではないか」との声があがっている一方、「そもそも昨年の数字ができすぎ」と冷ややかにみる向きも。いずれにせよ原巨人にとって大誤算である。



 ゴンザレスだけではない。現在、巨人のチーム防御率はリーグ5位の4.36。トップの中日の2.90には水をあけられ、あろうことか、昨年まで巨人の投手総合コーチを務めた尾花監督率いる横浜の4.02にも後れを取っている。まだシーズンは序盤も序盤とはいえ、昨年は巨人がリーグトップの2.94、横浜は断トツワーストの4.36だったのだから、衝撃的な現状ではある。



 グライシンガーが右ひじ手術で前半戦絶望、クルーンも故障離脱中で、メジャー帰りの小林らリリーフ陣もいまひとつと、不安材料はてんこ盛り。



 このままでは、4年間巨人の投手部門を担当し名伯楽といわれた尾花監督に笑われてしまいそう。パワーアップした打線の方はリーグ最多の72得点と猛威を振るっているだけに、なおさら投手陣のふがいなさが目立っている。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100410-00000002-ykf-spo
[ 2010/04/11 10:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。