FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私日記!!小向美奈子小向も…田代まさしプロデュース“のぞき部屋”大人気とはね・・・

ヤフーにも出てましたが、実際のところは
小向美奈子小向も…田代まさしプロデュース“のぞき部屋”大人気 アイドルストリッパーの小向美奈子(24)やお騒がせタレントの田代まさし(53)らがプロデュースした部屋などがある「テーマパークマンション」が関西で話題を集めている。空間デザインを手がける大阪の不動産会社「明来(あき)」が中古マンションの空き部屋をオーナーの注文などに応じてリフォームした。「戦国部屋」や「迷宮部屋」などもあり、人気を呼んでいる。



 “小向の部屋”があるのは、大阪市北区の築20年以上の賃貸マンション「ZEUS(ゼウス)南森町」(10階建て)の4階。4月下旬の完成を目指して現在リフォーム中で、広さは43平方メートルの1K。当初は室内にストリップ劇場を再現する予定だったが、計画を変更。刑務所とストリップ劇場、セレブな空間を意識した内装で「小向の人生を表現した」(同社)。家賃は13万円程度。かなりシャレがきついが、ファンには受けそうだ。



 このマンションには約30室あり、テーマパーク化しているのは“小向の部屋”を含めて7室。入居者の退去後に順次リフォームしており、大阪プロレスによる“リングのある部屋”など、すでに3室が入居済み。



 さらに3室が完成間近で、このうち「戦国部屋」の内装は桶狭間の戦い(1560年)を再現。約200平方メートルと広々とした室内は織田信長軍と今川義元軍の“陣地”に分かれ、戦国気分が味わえる。合戦の日は豪雨に見舞われたことから、雨を降らせる設備も付けた。



 また「迷宮部屋」は、暗闇の廊下や約60万円もする鏡を張り詰めた万華鏡の廊下など遊び心が満載。「パルテノンの部屋」はその名の通りギリシャのパルテノン神殿を模した。



 明来の藤田精(たくみ)社長(36)は「事務所だったスペースなどをリフォームした。すでに入居希望や問い合わせもある」と説明。「戦国」と「迷宮」両室の家賃は1カ月45万円という。



 これまで同社が手がけたテーマパークマンションは大阪を中心に10棟約300室。中には、いわくつきの有名人がプロデュースした部屋もある。



 タレントの岸部四郎(60)が手がけた「夜逃げ部屋」は、大阪市中央区の賃貸マンションの一室。室内に隠し部屋があり、マジックミラーで室内の様子をうかがえる。



 大阪市西区の賃貸マンションには漫画家、楳図かずお(73)が手がけた「紅白の部屋」があり、運気が上がると好評。田代は“のぞき部屋”が各室に配置されたマンションを大阪市内でプロデュースした。



 藤田社長によると、テーマパークマンションが注目され始めたのは、長引く不況で地価が下落し、家賃収入が減ったことが大きい。オーナーから「入居者を呼べる部屋を」という注文が集まり、ユニークなリフォームを手がけるようになったという。



 「『12万円以上の家賃を取りたい』というオーナーが多い。『10人中9人に嫌われる部屋』というコンセプトで、好きな人なら絶対に住みたい部屋にした」と藤田社長。



 仲介業者も、話の種として入居希望者を案内してくれるため、入居率は99%と好調だ。小向の部屋の入居募集は少し先だが、希望者が殺到することも予想される。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100324-00000000-ykf-ent
[ 2010/03/25 07:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。