FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

#私日記?韓国経済#女子ゴルフ国内ツアーに実力派韓国選手が参戦、氏名表記もカタカナへですと

まとめwiki
韓国経済女子ゴルフ国内ツアーに実力派韓国選手が参戦、氏名表記もカタカナへ 今季の国内女子ツアーは5日、米ツアーで開幕戦から2連勝した宮里藍、昨季の国内賞金女王・横峯さくららが出場し、ダイキンオーキッドレディース(沖縄・琉球GC)で開幕する。前日の4日はプロアマ戦が行われ、各選手が最後の調整を行った。今年は試合数が減少した米ツアーから活躍の場を求めて、実力派韓国選手が日本ツアーにくら替えする動きがあり、例年と違った女子ツアーが展開されそうだ。



 昨季、60万4994人と前年を6万3533人も上回る観客を動員した女子ツアー。人気の高さを物語るように、テレビ視聴率も前年比0・6ポイント増の平均8・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。そのおかげで、景気の低迷によりツアーの賞金総額(約29億円)は約2652万円減になったものの、試合数は前年と同じ34試合を維持できた。



 2007年には37試合が組まれた米女子ツアーは、不況でスポンサーが撤退し、今季は25試合にまで減少。このため活躍の場を求め、昨年12月の日本ツアー出場権を懸けたファイナルQTには米ツアーを主戦場にする韓国人選手が多く受検。07年に米女子ツアーで初優勝するなどしたヤング・キム(金英)がトップで通過。海外通算4勝のイ・ソナ(李宣和)や08年全米女子オープン優勝のパク・インビ(朴仁妃)ら実力派が上位を独占した。キムは主戦場を日本に移す予定だ。



 日本と米国では芝など環境が違う。「有力選手でもすぐに優勝するまでには至らないのでは」と話す日本選手もいるが、米ツアーに詳しいトーナメントディレクターの戸張捷さんは「芝の違いは数試合もやればこなすはずで、全く問題ない。欧州ツアーなどの選手も参戦してくるだろう」と国内ツアーの変容を予想する。これに伴い「ツアーのレベルは高くなり、ファンにとっては面白くなる」と歓迎する。



 時期を合わせるように、日本女子プロゴルフ協会は今季から韓国選手の名前表記を漢字からカタカナに変更する。最近は漢字が当てはまらない韓国選手が増加。漢字表記に違和感を訴える選手がおり、数年前から検討していた。韓流ブームもあり関係者は「カタカナ表記によって成績と選手の認識が一致し、新たなファン獲得の一端になるのでは」と期待する。(松本恵司)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000596-san-golf
[ 2010/03/05 05:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。