FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆《画像》!!サッカー☆韓国、史上初…中国に負けた/東ア選手権更新!

なんともコメントしようがありません。
サッカー韓国、史上初…中国に負けた/東ア選手権 東アジア選手権第3日(10日、味の素スタジアム)男子は中国が南アW杯出場国で2連覇を狙う韓国に3-0で完勝し、勝ち点を4に伸ばした。韓国は同3。韓国サッカー協会によると、中国が韓国を破ったのは1978年の初対戦以降、26試合目で初めて。中国は前半5分に先制すると、その後も堅守からカウンター主体に攻め、得点を重ねた。女子は中国が2-1で韓国を破り、勝ち点3とした。韓国も同3。



 後半15分、屈辱の敗戦を決定づける3点目を中国MF●(=登におおざと)卓翔に決められると、試合中にもかかわらず、赤いユニホームの韓国イレブンは、呆然(ぼうぜん)とピッチに立ちつくした。



 「早い段階であまりに簡単に失点してしまい、追いつこうと焦ってまた失点した。最後までペースを取り戻せなかった」



 まさかの結果に、許丁茂監督は苦々しげに声を絞り出した。開始5分。右サイドからの素早いクロスを、1メートル85の中国MF于海にヘッドで決められた。さらに前半27分、J1京都のDF郭泰輝が自陣ゴール前で痛恨のパスミスを犯し、2点目を献上。相手の3倍以上のシュート22本を打ちながら得点できず、両国初対戦から32年、26試合目で痛恨の初黒星を喫した。



 観戦した日本代表の岡田武史監督も「まあ、3-0とはね」と驚きを隠さない惨敗に、来日中の韓国メディアもあぜん。サッカー誌「ベストイレブン」の金記者は「韓国ファンの信頼が失墜したのは間違いないね」と厳しく批判するなど、許丁茂監督の進退問題に発展するのは必至の状況だ。



 日本と同様、W杯へ準備を進める中での手痛い敗戦。手負いの韓国が捨て身の覚悟で、14日の日韓戦に臨む。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100211-00000006-sanspo-socc
[ 2010/02/11 10:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。