FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆動画ニュース 新井貴浩☆阪神・新井、異例バット!12球団最重やで【最新情報】

もしかして、あの方?
新井貴浩阪神・新井、異例バット!12球団最重やで 阪神・新井貴浩内野手(33)が、宜野座ドームでのフリー打撃で快音を連発。秘密兵器として約970グラムの超重量バットを用意していることを明かした。横浜・村田修一内野手(29)の960グラムを超える現在プレーしている選手のなかでは最重量バットを手に、ホームランキング復活を目指す。





 冷たい風が吹き込む宜野座ドームの片隅に、熱い汗が飛ぶ。新井が“相棒”との会話を楽しむかのように、1球、また1球と打球音を響かせた。



 「いろいろ試しながらです」



 約20分間のフリー打撃。右へ左へ、鋭いライナーが飛ぶ。感覚を確かめながらの丁寧なスイングは、大爆発の前兆。進化を遂げるスラッガーを新兵器がさらに後押しする。練習後に“球界最強の武器”を手にしたことを明かした。



 「970グラム近いのまで届いてはいる。968~69グラムくらいかな」



 今季のテーマは『アーチ量産&飛距離アップ』。最初の秘策がバットの重量化だった。昨季終了後に930グラムから960グラムまで10グラム刻みの4タイプを発注。1月中旬に手元に届いたバットを、自主トレで積極的に手に取ってきた。金本の940グラムを上回り、横浜・村田の960グラムに並ぶ球界屈指の重量。キャンプイン後に届いたのは、それさえも超える“最重量超級”だ。



 「950グラムまでしか試していない。練習でも重いのを使うのはいいことです」



 現在は940~50グラムをお試し中。重量に耐える肉体も完成しつつある。腰のリハビリで満足なウエートトレができなかった昨年とは違い、年末年始も徹底的に下半身を鍛えてきた。目標にしていたスクワット150キロ×10回の目標も達成。1月下旬には「(体の状態が)去年より格段にいい」と話し、胸を張って沖縄入りした。



 「モデルは変えず、重さだけだから、シーズン中も体調に合わせて使い分けるかも」



 未知の領域に広がる可能性は限りない。2005年に43発を放ち、本塁打王に輝いた男も虎入り後は2年で23発。最強の相棒を手に、キングが今よみがえる。 (安藤 理) 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000533-sanspo-base
[ 2010/02/08 16:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。