FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

 今日の話題?サッカー東アジア選手権 岡田JAPAN赤っ恥…かすむW杯4強 NEW!!

ニュース配信動画であるかな?と思って探してみました。
サッカー東アジア選手権岡田JAPAN赤っ恥…かすむW杯4強 「東アジア選手権、日本0-0中国」(6日、味スタ)

 日本代表は、初戦でFIFAランク87位の中国と0-0で引き分けた。昨年11月の南ア戦以来となる3トップで臨んだ岡田武史監督(53)だが、2日のベネズエラ戦に続き、W杯に出場できない国を相手にスコアレスドロー。GK楢崎正剛(33)がPKを止めなければ、W杯アジア最終予選にも進めなかった格下の中国に敗れるところだった。目標の「W杯4強」がはるか遠くにかすむ醜態に、サポーターから痛烈なブーイングが浴びせられた。

  ◇  ◇

 寒空に試合終了のホイッスルが響く。ブーイングが起こるスタンドに背を向け、岡田監督は何度も手をたたいた。「ブーイングという評価もしょうがない。それを糧としてよりよいチームを作るのが私の仕事」。会見でも“能面”のような表情は崩さない指揮官とは対照的に、日本協会の犬飼会長は「あのままW杯に行くんじゃ、全然話にならない」とスタンドの思いを代弁した。

 ハイライトが「PKセーブ」だから情けない。後半37分、DF長友がハンドを取られてPKを献上。GK楢崎はMF楊昊の左隅へのシュートを読み切ってセーブしたが、決まっていれば敗戦濃厚だった。「キーになるプレーだったかもしれないが、負け試合を引き分けに持ち込んだだけのこと」。そう吐き捨てた守護神の怒りは深かった。

 W杯に出場しない国に2試合連続で無得点。決定力不足は深刻だ。岡田監督はFW岡崎を頂点にし、左右にFW大久保と玉田を配置する3トップでスタート。先発復帰したDF内田が効果的に攻撃に絡んでチャンスは作ったが、前半13分に大久保、同19分には玉田が決定機にシュートを外す。後半17分から平山を投入したが、ゴールは割れなかった。岡田監督は「3トップでだいぶ動きが出てきた。これを2トップでやれないといけない」と話したが、無得点という結果は変わらない。

 岡田監督はW杯4強に向け、(1)競り合い(2)運動量(3)キックの精度-で「一線を越える」という大幅なレベルアップを目標としている。残り4カ月-。飛躍の兆しはなく、志を語るにはお粗末な試合が続く。「W杯までそんな大きな問題があると思いません」と話した岡田監督だが、いつまで泰然自若でいられるのか。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100207-00000014-dal-socc
[ 2010/02/08 13:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。