FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

▽今日の話題?岡田武史▽岡田武史監督「感覚が戻って来た」/日本代表だと

TVでも見ました。
岡田武史岡田武史監督「感覚が戻って来た」/日本代表 6日、東アジアサッカー選手権の日本代表対中国代表の一戦が行なわれ、0対0の引き分けに終わった。以下は、試合後の岡田武史監督のコメント。



岡田監督

「勝ちたかったので残念だけど、チームとしてだいぶ良くなってきた。チャンスもたくさん作っていた。前半はゴール前できれいにやり過ぎていて、(後半は)だいぶ泥臭くなった。前線の3人はそれぞれ特徴を出してくれた。けっこう機能していたと思う。守備もそんなにピンチはなかった。PKは取られたが、安定していたと思う。今度は勝ち点3を取って、最後は韓国と勝負したい。どちらにせよだいぶ動きが出ていたし、(プレーの)感覚が戻って来たと思う。守備ではPKと自殺点になりそうなプレーがあって、ピンチが2回ほどあったが、戻りも速かったし、カバーリングもできていた。



(小笠原を使わなかった理由は?)満男に関してはキャンプに入ってから、積極的に、アグレッシブにやってくれていた。それでメンタル、フィジカルに疲れが出て、ミスが増えてきていると判断した。本人は疲れのせいにしない強いメンタリティを持っているが、いい状態でいいプレーをさせてあげたいと考えているので、ここで1日休んでいい形でやらせたいと思って外した。



(今日のシステムについては?)ある程度長くやっているメンバーなので問題ないと思っていた。コンビネーションは素晴らしいわけではなかったが、だいぶよくなってきた。動きが出るように強引に3トップにしたが、2トップでもこういう動きが出るようにしないといけない」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00000044-ism-socc
[ 2010/02/07 07:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。