FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本日!!マイケル・ジャクソン(1958-2009) “想像させる”すごさ 「THIS IS IT」DVDで登場ヤフーニュースにも出てました。

今日はずーっと家で調べてました。まとめると
マイケル・ジャクソン(1958-2009)“想像させる”すごさ 「THIS IS IT」DVDで登場 昨年急死した米歌手、マイケル・ジャクソンさんが英ロンドンで予定していたコンサートのリハーサル風景を記録した映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の人気が衰えない。1月下旬にはDVDとブルーレイが発売されたが、オリコンによると、初日だけで売上総額は約16億円、週間では約43億円になるなど、多くのファンがマイケルの魅力を追い続けている。



  [フォト]マイケル迫力のライブ! オリアンティとのツーショットも



 「3、2、1、マイコー!」



 1月26日午前0時。東京・渋谷のタワーレコード渋谷店では、カウントダウンとともに入り口が開くや、大勢のファンが入店し、売り出されたばかりのDVDを手にとってレジの前に長蛇の列を作った。



 映画館で4回も見たという東京都中央区の女性会社員(26)は「今日から毎日、DVDを見ようと思っているので、明日からは寝不足になるかもしれません」と苦笑しながら、「歌やダンスだけでなく、環境保護に取り組むマイケルの姿勢や優しいまなざしが好き」とほほ笑む。



 また米国のマイケルゆかりの地を訪ねるツアーを計画しているという東京都杉並区に住む専門学校生の女性(27)は「マイケルの曲『ヒール・ザ・ワールド』のように、人生や世界の問題をテーマにしたい」と力を込めた。



 発売元の「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント」では、日本国内で初回約200万枚を出荷。オリコンによると、発売初日の1月26日だけで、1枚組と2枚組、BOXのDVDの売り上げ枚数は計約25万4千枚、ブルーレイも約12万2千枚に達した。



 人気の秘密はどこにあるのか。タワーレコード渋谷店でDVD発売前夜、映画の特別上映会が開かれたが、上映後のトークショーに参加した音楽評論家の吉岡正晴さんは「ミュージシャンやダンサーではない僕のような視聴者も、映画でリハーサルの仕掛けを見てコンサート本番をイメージできた。想像させるという意味ですごい作品です」と指摘する。



 シンガー・ソングライターの久保田利伸は「マイケルがコンサートの音を作っていくときに、ミュージシャンたちと直接話し合うところを見られてうれしかった。フィーリングを音に変えていく姿に感動したし、参考にもなりました」と語っていた。(竹中文)



 ■「すべてが詰まっている作品」共演の女性ギタリスト、オリアンティ



 映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の中でさっそうとギターを演奏していた女性ギタリスト、オリアンティが来日し、1月27日に東京・青海のヴィーナスフォートで開かれたDVD発売記念イベントに参加した。



 オリアンティは豪州出身。英ロンドンで昨年夏に予定されていたマイケル・ジャクソンさんの「THIS IS IT」コンサートでリード・ギターを務めるはずだったが、マイケルの急死という突然の悲報にかなわなくなった。



 「3カ月間のリハーサルでは『もっと高い音を!』と求められ、果たして自分はできるのかと思いながら演奏した。あのリハーサルの経験で自分をステップアップさせることができました。この映画はマイケルのすべてが詰まった作品です」と語っていた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000533-san-ent
[ 2010/02/05 18:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。