FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【私日記 岡田武史【俊輔外しの賭けに勝った岡田監督…苦渋の決断明かす速報

動画で見たいんですけど。
岡田武史俊輔外しの賭けに勝った岡田監督…苦渋の決断明かす ◆南アW杯第14日 ▽1次リーグE組 デンマーク1―3日本(24日・ルステンブルク) 岡田武史監督(53)が24日のデンマーク戦後の記者会見で、エースMF中村俊輔(32)=横浜M=らを先発から外した苦渋の決断について初めて言及した。進退伺を出すほど追い詰められていた指揮官はW杯直前で戦術、メンバーを代えた。1次リーグ突破の最大のカギは、カメルーン戦に勝ってギャンブルに成功したことだった。



 歓喜の直後の記者会見で、岡田監督が口を開いた。直前の戦術の転換、選手起用の変更。カメルーンに勝って賭けが当たったからこそ、言及することができたのかもしれない。「我々がやろうとしたサッカーの中心選手の不調が続いていた。それがW杯の重圧なのだろう。どこかで踏ん切りをつけなければいけなかった」



 中心選手。それは紛れもない、俊輔のことだ。GK楢崎やFW岡崎、DF内田も入るだろう。岡田監督は5月24日の韓国戦を最後にコンディションが上がらない主力の起用を断念した。MF遠藤はイングランド戦やコートジボワール戦で切れが戻ってきたが、俊輔や楢崎は復帰させなかった。



 2年前、岡田監督は俊輔に救われている。2008年3月のW杯アジア3次予選、バーレーン戦で惨敗を喫した直後に俊輔を招集。6月のオマーン戦で勝利し、事なきを得た。以来、俊輔と遠藤を軸に攻撃が形成された。合宿の度に指揮官は俊輔、遠藤、中沢を呼んで話し合いも重ねた。俊輔ベンチは、岡田ジャパンの心臓を外す行為だった。だが、岡田監督は踏み切った。



 俊輔を起用しないことでサッカーをガラリと変える必要があった。中盤の底に阿部を起用し守備力を上げ、両サイドに大久保と松井を配置することで攻撃に人数をかけず個々で打開する展開となった。パスが回らなくなり、ボール保持も難しくなった。理想をかなぐり捨ててまで、勝ちにいった。だから指揮官は「この日の勝ちよりカメルーン戦の1勝の方が大きい。あの1勝がなければ、何も起こらなかった」と言った。



 賭けに勝った岡田監督だが、まだ大会は終わりではない。試合後のロッカールームでは「次はパラグアイ戦だ。気持ちを切り替えろ。でも今夜だけはお前たちを褒めてやる!」と言葉をかけ、選手も沸いた。4強へ、岡田監督はエースの完全復活を待っている。俊輔が再び攻撃のタクトを握った時、日本はさらなる進化を遂げるはずだ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000007-sph-socc
[ 2010/06/28 14:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。