FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

▼私日記!!ディディエ・ドログバ▼W杯強行出場へ!ドログバ、手術決断とはね・・・

この方は以前にご一緒させていただいたことがあります。
ディディエ・ドログバW杯強行出場へ!ドログバ、手術決断 4日に行われた日本代表との強化試合で右腕尺骨を骨折したコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(32)=チェルシー=が、南アW杯に強行出場する可能性が浮上した。5日付仏紙レキップが報じた。W杯出場は絶望的と思われたが、メンバー登録を取り消さずに手術を決断。15日のW杯初戦、ポルトガル戦出場を目指すことになった。



【写真で見る】W杯出場なるか 日本戦でドリブル突破するドログバ



 プレミアリーグ得点王のストライカーに、かすかな光明が射し込んだ。右腕の尺骨骨折という重傷。それでも10日間の“猶予”が、FWドログバに出場の可能性をもたらした。



 代理人を務めるセイディ氏は「まだチャンスはあると思う」と明言する。医師やコートジボワール協会が話し合った結果、直ちに尺骨の手術を受けることに決まった。患部を固定することで、10日後にはプレーができる可能性があるという。これが事実なら、15日の初戦に間に合うのだ。



 衝撃だった。日本との強化試合で前半15分過ぎにDF闘莉王との競り合いで、ひざげりを受けた。その場に卒倒すると左手で右腕を押さえ、そのままスイス・シオン市内の病院に搬送された。「オレのW杯は終わった」と、出場断念を一度は周囲にもらした。



 この事態をW杯1次リーグG組で対戦するポルトガル、ブラジルなどのメディアはトップ扱い。特にブラジル各紙は、ブラジル出身の闘莉王がライバル国のエースを負傷させたことを報じ、“援護射撃”ととらえる向きもあった。



 チーム関係者は「彼がピッチでプレーすることで、周りの選手に安心感を与えることができる」。キャプテンマークを巻くドログバの存在は、チームの活力を生む。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000008-sanspo-socc
[ 2010/06/06 13:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。