FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆私日記!!田中マルクス闘莉王☆闘莉王が本田らに喝!選手ら夜の大激論【最新情報】

友人がちょっと関係があるのですが、
田中マルクス闘莉王闘莉王が本田らに喝!選手ら夜の大激論 「国際親善試合、イングランド‐日本」(30日、オーストリア・グラーツ)

 サッカー日本代表は29日、試合会場のUPCアレナで冒頭部20分以外を非公開として公式練習を行った。イングランド戦から低迷打開を期す選手たちは27日夜、スイス・ザースフェーの宿舎で選手間ミーティングを実施。右太もも裏痛から復帰するDF田中マルクス闘莉王(29)=名古屋=はイレブンを一喝し、MF本田圭佑(23)=CSKAモスクワ=らになりふり構わず勝利を目指す姿勢を要求した。

  ◇  ◇

 魂の叫びだった。闘将が浮上への道を探るイレブンに、熱き思いをたたきつけた。27日夜。岡田監督によるミーティングが終わった後、GK川口が選手だけで話し合いを続けた。口火を切ったのはDF闘莉王だ。

 「俺たちはヘタクソなんだよ。W杯ではどのチームとやっても、みんな俺らよりも上。そこにどうやって勝つか。日本らしいスタイルとか、パスを回すとか理想も大事。だけど、頭使って、泥くさくやらなくてどうするの。ヘタクソなのをみんなが認めて、勝つためにプレーしないと」

 惨敗の韓国戦は右太もも痛で欠場。ピッチ外で味わった悔しさをぶちまけた。

 闘莉王の言葉をきっかけに、全員がサッカー観をぶつけ、方向性を探る。闘莉王は“個”を大事にするMF本田にも「このチームで一番実績があるのはシュン(俊輔)。だけど1人でやれるわけじゃない。他のチームにはもっとすごいやつがたくさんいる。1対1じゃ俺らは勝てない」とピシャリ。大事なのは闘志と必死さ。1時間を超える激論は、泥くささと団結を呼びかけて終わった。

 ジーコ・ジャパン時代、『アブダビの夜』と呼ばれるミーティングがあった。05年6月のドイツW杯最終予選バーレーン戦前の合宿中、主将のDF宮本恒靖(現神戸)の呼びかけで選手間ミーティングを実施。ベテランMF三浦淳宏(現横浜FC)らが思いの丈を訴え、直後のW杯出場権奪取につなげた。サッカーの楽しさを求める王国ブラジル出身の闘莉王が「日本のための泥くさく」と訴えた『ザースフェーの夜』は、その再現となるかもしれない。

 これまでは個性を貫く路線を歩んできた本田は「戦術は監督が決めること。選手は自分たちの良さを出してプレーするだけ」と、ぶ然とした表情も見せた。だがGK川口は「みんなが1つの方に向いてやることが大事」とチーム一丸となる努力を続ける。サムライが一丸となって、強豪イングランドを相手に浮上のきっかけをつかむ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000016-dal-socc
[ 2010/05/30 20:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。