FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

○動画ニュース?岡田武史○「韓国に勝て」犬飼会長、岡田Jに“厳命”負ければ更迭論もって書いてありました。

数年前に関わったことがあります。
岡田武史「韓国に勝て」犬飼会長、岡田Jに“厳命”負ければ更迭論も 最後の岡田ジャパン祭りは「勝利」しか認めない-。W杯南アフリカ大会に臨む岡田ジャパンは24日、韓国代表と埼玉スタジアムでW杯壮行試合を行う。



 この試合がW杯前の日本代表の国内最終戦。そこで日本サッカー協会の犬飼基昭会長(67)は「韓国代表は今回のW杯がゴールデンエイジ。岡田が(韓国は)強いと言っていた? それが、どうしたってこと。勝つだけだよ」と、2007年に岡田ジャパンがスタートして以来初めて、とにかく勝ちにこだわることを厳命した。



 それも無理はない。W杯開幕まで1カ月を切っている。4年に1度の国民的行事だった「W杯メンバー発表」も結局は大きなサプライズもなかった。しかし、4年前のドイツ大会直前と比べると明らかに注目度は低い。



 「あの時は親善試合で勝ち続けて、国民のみなさんの誰もがW杯でも日本代表が快進撃を続ける雰囲気になっていたから」と犬飼会長は話したが、W杯直前の日韓戦というのに、いまだチケットが完売していないという寂しい現実もある。



 このネガティブモードを日韓戦で払拭してほしいというのが犬飼会長の願い。「インパクトのある試合をしてほしい。万が一、日韓戦がダメだったら南ア(W杯)も、もう間に合わないだろう」と続けた。



 今年の岡田ジャパンはとにかく低調続き。韓国とは2月14日に東アジア選手権で対戦。闘莉王の退場もあったが、韓国も退場者を出した。しかし1-3と全くいいところがなく敗れた。岡田監督の「更迭論」が一気に浮上。試合後には犬飼-岡田の緊急会談も行われ、岡田監督自身が「このままでは終われない」と続投が決まったいきさつがある。



 前回の東アジア選手権での韓国代表は1軍半メンバーだったが、今回はマンチェスター・ユナイテッドに所属している朴智星(パク・チソン)を中心としたバリバリの1軍フルメンバーが来日する。韓国代表は日本戦終了後に南アフリカに向けて出発することが決まっている。



 日本サッカー協会もとにかく勝利にこだわり、協会をあげて「岡田ジャパン祭り」にするつもり。試合前の国歌斉唱は日本代表の応援ソングを歌うEXILEが行うことが決まっている。試合後は勝敗にかかわらず岡田監督らによるセレモニーを検討しているという。



 いずれにしても、協会トップから、宿敵韓国に負ければW杯も期待できないとまでいわれた岡田ジャパン。背水の陣以上の試合になる。(夕刊フジ編集委員・久保武司)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100519-00000010-ykf-spo
[ 2010/05/19 21:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。