FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実際のところ!!小林可夢偉【F1モナコGP】セーフティーカー4回の大混戦…可夢偉はリタイア★追記

まじですか
小林可夢偉【F1モナコGP】セーフティーカー4回の大混戦…可夢偉はリタイア伝統のモナコGPがモンテカルロ市街地コースで開催された。前日の予選でポールポジションを奪っていたレッドブルのマーク・ウェーバーが1コーナーでホールショットを奪い、さらに4度もセーフティーカーが入る混戦を難なく制しての自身モナコ初優勝。



モナコGPのハイライトシーン



チームメイトのベッテルも2位でフィニッシュし、これによってドライバーズポイントランニングは78点でウエバーとベッテルが、アロンソ(フェラーリ)を抜いて同点トップに躍り出ることとなった。また、そのモナコ表彰台には予選2番手から粘りの走りを見せたルノーのクビサも3位で登壇。奇しくもルノーエンジンがモナコGPの表彰台を独占する結果となった。



フリー走行でのクラッシュの影響から予選に出走できなかったアロンソ(フェラーリ)はピットスタート。すると早々にヒュケンベルグ(ウイリアムズ)がトンネル内でクラッシュし、ここまで暫定ポイントリーダーだったバトン(マクラーレン)もメカニックの人為ミスによるオーバーヒートで3周目にリタイアを喫する。この最初のセーフティーカー導入時にアロンソはタイヤ交換義務をさっさと済ませて追い上げを開始した。

 

31周目にはバリチェロ(ウイリアムズ)がクラッシュし、2度目のセーフティーカーラン。同じ周回に小林可夢偉(ザウバー)もマシントラブルでリタイアしてしまった。さらにそのクラッシュ場所の安全確保の為に3度目となるセーフティーカーが導入された。レースはウェーバーの独走で、このまま終わるかと思いきや、74周目にトゥルーリ(ロータス)とチャンドック(HRT)の2台が絡むクラッシュが発生。これによって4度目となるセーフティーカーがコースに導入された。

 

ファイナルラップまでセーフティーカーが先導する形でレースが進行したものの、セーフティーカーが最終コーナー手前でピットに戻った瞬間にシューマッハ(メルセデスGP)が6位走行中のアロンソのインに飛び込みポジションアップでフィニッシュ……と思いきや、この行為がスポーティングレギュレーション違反を問われて20秒加算のペナルティで12位に降格。メルセデスGPは、この処分を不服として上訴する構えだ。



シューマッハが上告の構えでいる以上は、リザルトは暫定扱いとなるが、現時点におけるモナコGPポイント獲得ドライバーは着順で以下の通り。ウェーバー、ベッテル、クビサ、マッサ(フェラーリ)、ハミルトン(マクラーレン)、アロンソ、ロズベルグ(メルセデスGP)、スーティル(フォースインディア)、リウッツィ(フォースインディア)、ブエミ(トーロロッソ)の10名。



《レスポンス 編集部》



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100517-00000005-rps-moto
[ 2010/05/17 16:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。