FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

○ヒトリゴト 西村憲○5連勝の阪神が首位へ! 巨人を3タテだと

ユーチューブを見てました。ニコニコ動画も面白いですね。
西村憲5連勝の阪神が首位へ! 巨人を3タテ 乱打戦を制した猛虎がついに首位へ! 阪神vs.巨人9回戦が2日、甲子園球場で行われ、阪神が8対7と勝利した。連勝を5に伸ばした阪神は巨人を3タテし、とうとう首位の座に立った。



 一時は5点をリードしていた阪神だが、巨人の長打攻勢の前に1点差に迫られる。さらに、7回に3番手で登板した久保田智之の乱調で6対7と逆転された。しかし、直後の7回の攻撃で、4番・新井貴浩のソロ本塁打で追いつくと、8回には代打・関本賢太郎のソロ本塁打で勝ち越した。

 先発・能見篤史は5回まで1失点の好投を見せていたが、5回攻撃時の走塁で足を痛めて降板。前日の試合で好投した2番手・西村憲が巨人打線につかまり4点を失うと、久保田も乱調と中継ぎ陣がピリッとせず。1点リードで9回のマウンドに上がった藤川球児も1死一、三塁のピンチを招いたが、脇谷亮太を空振り三振、小笠原道大を空振り三振と後続を打ち取り、試合を締めくくった。



 巨人は守りのミスで、ストレート、チェンジアップにキレのあった先発・内海哲也の足を引っ張り、5回までに6点を失った。しかし、6回にはラミレスのタイムリー、阿部慎之助の2ラン、谷佳知のソロ本塁打と怒涛の長打攻勢で1点差へ。さらに、7回にはルーキー長野久義の三塁打をきっかけに、久保田の暴投2つで7対6と5点差をひっくり返した。3連敗阻止へ意地を見せたが、最後は山口鉄也が阪神打線につかまった。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000031-spnavi-base
[ 2010/05/03 02:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。