FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【今日の話題 インテル・ミラノ【バルサに快勝のインテル、チームの変貌はモウリーニョ監督の功績【最新情報】

色々探してみました。こんなかんじで色々出てますね。
インテル・ミラノバルサに快勝のインテル、チームの変貌はモウリーニョ監督の功績 現地時間20日に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)準決勝ファーストレグで、バルセロナ(スペイン)に3対1と勝利を収め、マドリー(スペイン)での決勝に向けて大きく前進したインテル(イタリア)。国内での強さを欧州の舞台で発揮できなかったチームを変えたのは、“ヨーロッパマスター”、ジョゼ・モウリーニョ監督だ。ロイター通信が伝えている。



 ロベルト・マンチーニ前監督の下でセリエA3連覇を達成したものの、1964年と65年の連覇以降、72年の準優勝を除き、欧州最高峰の舞台では強さを発揮できないでいたインテル。そんななか、バルサ戦ではウェズリー・スナイデル、マイコン、ディエゴ・ミリートの3得点で昨季王者に快勝。来週のセカンドレグに向けて大きなアドバンテージを手にした。



 アーセナル(イングランド)との準々決勝セカンドレグで4得点を挙げたバルサのFWリオネル・メッシも、DFハビエル・サネッティのチェイシングとインテルの素早いカウンターの前に沈黙。ミリートは「僕らはメッシとズラタン・イブラヒモヴィッチに対していい守備をして、多くのチャンスをつくった」と喜びを語っている。



 また、3得点すべてに絡んだD・ミリートは、「僕のゴール? それよりもアシストのことを話したい。チームメートのためにゴールをお膳立てできるのは素晴らしいことだ」とコメント。D・ミリートの攻撃面における効果的なプレーと守備に対する高い意識は、モウリーニョ監督が選手たちに浸透させてきた特徴をよく表しているといえる。



 昨季、インテルはセリエA4連覇を達成したが、欧州の舞台におけるモウリーニョ監督の仕事はまだ発展途上の段階にあった。しかし、ポルト(ポルトガル)を率いた2004年にCL制覇を成し遂げ、チェルシー時代にも優勝に近づいたモウリーニョ監督は、今シーズンに入って自身がヨーロッパマスターであることを再び証明している。現在、国内ではローマとリーグタイトルを争っているインテルだが、大半のファンは、CL優勝のためならリーグ5連覇を譲ってもよいと考えていることだろう。



 一方のバルセロナはペップ・グアルディオラ監督が就任してから初となる2点差以上の敗北を喫した。多くのファンは、アイスランドの火山噴火による火山灰の影響で、ミラノまでバスで移動しなければならなかった事実に納得できていない。



 決勝進出に向けて不利な立場に立たされたバルサだが、同クラブは昨年11月に行なわれた本拠地「カンプ・ノウ」でのグループリーグで、インテルを2対0と下している。グアルディオラ監督は、「90分間は非常に長い。スタジアムも満員だろう。もちろん、我々は逆転できるよ」と、ホームでの挽回に自信を窺わせている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000019-ism-socc
[ 2010/04/29 11:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。